■指導者紹介


 代表者からのコメントはこちらです。


 師範 児玉 秀人

  

   略歴


     1965年 東京都に生まれる

           小学生の時より合気道を始める

     1985年 極真会館総本部にて空手の修行を開始

     2005年 倉本塾に入塾

     2009年 護身武道塾 児玉道場を開所
           倉本塾師範を拝命

    *倉本塾とは他団体に属しながらも実戦武術空手の技術を学びたい人に門戸を開いた
      ものである。 倉本塾HPより転用  倉本塾HPはこちら



       
       当道場師範による下段回し蹴り角材折り            倉本先生と演武後の当道場師範



 師範代 正籬 勲


   略歴


     1966年 埼玉県に生まれる

           小学校時代は野球に没頭するが、プロレスにも夢中であった

     1982年 高校入学。柔道部に所属

     1999年 軽い気持ちでフルコンタクト空手道場に入門
           そこで師範代だった児玉先生と出会い、空手の魅力にとりつかれる

     2005〜2008年 仕事の関係で大阪へ転勤
           大阪では、少林寺拳法や極真空手などを経験

     2009年 児玉先生の護身武道塾立ち上げに参画

     2012年 護身武道塾師範代を拝命



 黒帯指導者 石橋 孝彦


   略歴


     1960年生まれ

           18歳から空手を始める

           防具付空手2年、伝統空手17年、フルコンタクト空手10年の稽古を積む

           全日本空手道連盟公認三段

           フルコンタクトカラテ初段

     2009年 護身武道塾入塾、現在に至る


inserted by FC2 system